海老蔵、五輪開会式「踊り」意欲

には意味が無い。
視線を奴に合わせる。
こいつだ。外野の邪魔者。
心配しなくても体に傷を残して明日の出場に響くような事はしない。
明日から二日、団体戦での俺たちの引き立て役もやってもらわないといけないからな。
いいか、ドールを壊したらそれで終わってしまう。
そして三体壊しても、あいつへのダメージが通って何を言われるかわからない。
これまでの数試合で練習は済んだ。
きっちり二体、壊して終わりにしてやる。<a href=”http://www.bagsradiation.com/メンズ財布-0sbiz-9.html” title=”tumi 鞄”>tumi 鞄</a>

「おいおい、これは俺の家に伝わる由緒ある武具だ。このような格式ある場所や戦場へは我がホープレイズ家は必ずこのような装備で出向くのだ。そんな目で文句を言われても困る。ルールでも認めてもらっている」

不遜な顔で次男が何か言っている。
まったく見当違いの誤解だ。
別に、お前の装備が準決勝までよりさらに強力になっていようとどうでも良い。
その時間稼ぎで試合が後回しになったのも、どうでも良い。
俺はただ、お前をどう終わらせるかを考えていただけだ。

「文句を言うつもりは無い。自分のベストを尽くすのは当然だ。良い試合にしよう」

「……気に食わんな。早々と諦めて来賓の皆様を退屈させるなよ。ライドウの講義を受けているのが、お前らの不運だったと思って必死に足掻け」

来賓。
そうか、そんなのもいたな。
例年なら俺も必死に彼らや、どこから見ているかわからないスカウトの目を気にして戦っていただろう。
今はもう、どの国の誰が見ていても気にならないけどな。

「お互い全力を尽くそう」

あくまでも本音を隠して言葉の上だけは礼儀正しく奴に応じる。
澄ました風に思われたのか、奴の両手、とりわけ右手が一層強く剣を握るのがわかった。
審判が次男からの合図に頷くと手を大きく挙げた。
ははは、完全に買収されているのかよ。

「それでは! イルムガンド=ホープレイズ対ジン=ロアン! ロッツガルド学園祭闘技大会、個人戦戦士部門の決勝戦を始めます!!」

不思議だ。
目の前には見ることさえ稀な凄い装備に身を包んだ秀才と名高い先輩がいる。
だと言うのに、普段の制服に木刀一本を手にした後輩である自分がまったく恐れていない。
蒼い鱗のリザードマンとの戦いの日々がそうさせたんだろうか。
それとも、レベル七十を数えるホープレイズに対して俺のレベルが九十を超えているからなのか。
剣を持つ右腕を前に出して半身に構える。
プレートアーマーを着込んでいるとは思えない軽やかな動きで先輩がこっちに向かってくる。
武具の全てに重量軽減か身体強化かの付与魔術がかかっているかのような動きだ。
だが動きが素直すぎる。
両手で大きな剣を振りかぶって上段から振り下ろす狙いがありありとわかる。
遅い。
コマ送りのように感じる。<a href=”http://www.watchsinsurance.com” title=”tumi レザー”>tumi レザー</a>
その気なら、剣を振りかぶった時には何回か斬れただろう。
気合の声と一緒に振り下ろされる煌々と光る大剣。
避けようかとも思ったが、すぐにその考えを改めて一歩前に出る。
折角両手で持っているのにあの大剣、ほぼ右手だけで持っている。
左手は添えているだけだ。
木刀を下から打ち上げて、奴の大層な篭手を付けた右手に叩きつける。
俺の狙い通り、見た目だけは両手で握った大剣を手放して落とすイルムガンド。
静まり返る場内。
背を向けて少し距離を取り再び奴に向けて木刀を構える。
追撃はしない。
してやらない。
あいつの言う正々堂々、茶番で始末する。
俺の意図を察したのか奴は剣を持ち直す。
早くも表情は怒りに満ちている。
<a href=”http://www.bagsradiation.com/財布-0sbiz-10.html” title=”http://www.bagsradiation.com”>http://www.bagsradiation.com</a>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>