振られたのに、復縁なんて望むものじゃない

。風の魔法、か?でもこんな密着した状況で攻撃魔法なんて使えば彼女だって無事で済むわけが無い。それに流石の僕だって、もう界も魔法も防御で用意している。

周囲を目の届く範囲で確かめる。独特だった戦場の空気がいつの間にか薄れて消えて、雲がちょっと変なくらいだ。後はさっきからの風の強さ。

とにかく、脱出優先!

全力で力を込める。あれ、足の感じも何か……。
<a href=”http://www.shoessresume.com/女性用靴-ji73fi-12.html” title=”ナイキ スニーカー 激安”>ナイキ スニーカー 激安</a>
「っ! そんなに急がなくても離してあげるわ!」

ソフィアの言葉で一気に視界が開ける。身体に感じていた彼女の感触も一気に無くなる。代わりに風が強く全身にぶつかってきた。

!!??

青、……青空!?

空!?

浮いてる!? いや、落ちてる!

「悪いけど、貴方の風の力は封じさせてもらったわ。この高さから落ちれば、いくら貴方でも死ぬか、それなりにダメージはあるでしょ。後は自然に任せることにして、私たちはさよならするわ。あーあ、結局あいつの”足場”に頼ることになっちゃった。溶かすの面倒だわねぇ」

ソフィアの姿は僕の上方にある。何かの魔法で浮いているのだろうか。落ちてない。

ってか足場って、貴女。ここから駆け下りるとか? いやいやいや、ここ雲の結構上だよ?

どんどん小さくなる彼女の姿。だが唐突に姿が消える。

「じゃあねライドウ」

またも耳元で聞こえてくる声。

ソフィアだ。顔を向けると確かに彼女がここにいる。まさか、瞬間移動とか使えるの?それ、場合によっては僕よりずるくないか!?

また彼女の姿が消える。何となくの予感で下方、つまり下を見る。するとそこにはいくつもの輝く物体。あれは確かランサーの生んだ刃、だ。そういえば、宙に浮いていたのは攻撃に使われていなかった。まさか、あれが足場? でもそれとソフィアがどう?

手を振っている彼女が見える。が、また消える。後に残るのは刃が一つ。まさか!?

ソフィアは、刃と自分の位置を入れ替えて移動できる!? そんなのありか!?

だけど、ランサーがこんな上空まで刃を設置する意味は本来なら無いはずだ。それこそ、”入れ替え”に使うくらいしか今の僕には思いつかない。

あああああああ!!

それよりどうするんだよ。くそ虫の時を彷彿とさせる状況なんですけど!?

落下ルートにキラキラした刃物が浮いてる分凶悪になってるし!

ぐんぐん落下していく。落下まで何分!? この世界では手に負えないと空に捨てる習慣でもあるのか!?

ん、何分?
<a href=”http://www.shoessretain.com” title=”nike 靴”>nike 靴</a>
……そうか。

二回目だからだろうか。妙に冷静になった自分がいた。ずっと張り付いていた緊張が嘘みたいに消える。

一分が、出来たか。

それでも女神虫に感謝はしてないけど。月読様、元気かなあ。

詠唱を終える。まだ時間はある。

僕は界を展開して下の様子を探る。雲の所為で肉眼ではわからない。下では魔族の進軍が再開していた。後、かなり離れてはいるが北東の方角で戦争が行われているようだ。

気配程度の曖昧な精度に落ちているけど状況も少しはわかる。どうやら、砦を攻め落とそうとしているように思える。砦らしい建物の近くで戦闘が行われているのは間違いなさそう。優勢なのがどちらかまではわからない。まだ砦に取り付いていないようだから守っている側の方が有利なのかもしれない。僕がいたのは……この真下だろうな。少し主戦場とは外れた場所に思える。

となると、戦場は複数展開されていて。あのソフィアたちを超える化け物が他にもうじゃうじゃいるってことなんだろうか。僕、井の中の蛙だったのかな。今回のことでつくづく経験の大切さを思い知った。次なんて無いに限る
<a href=”http://www.shoessresume.com/sneakers-ji73fi-13.html” title=”http://www.shoessresume.com”>http://www.shoessresume.com</a>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>