祝?世界遺産登録、富士山ゼリーを作ってみた

…お前、何だ?」

「へぇ!! 真君はそんな声なんだ! 良いね、少し幼さも残した男の声。好きだよ。そうか真君は確か、高校生だったんだ。学生の身で突然こんな世界に来たら色々大変だよね」

なんだ? こいつ、本当になんだよ!?<a href=”http://www.watchsrural.com/panerai-czmnt-2.html” title=”腕時計 ブランド メンズ”>腕時計 ブランド メンズ</a>

僕の経緯を全部知っている。それどころか元の世界の情報まで確実に掴んでいる!

最初から無邪気に僕に笑いかけながら次々と語る目の前の存在に気持ちが悪くなる。視野が狭く感じる。まずい、相手に呑まれているのがわかる。僕が言葉を発する度に弾けたように喜びの感情が笑顔から伝わってくる。それが気持ち悪くて堪らない。

「ふざけないで答えろ。お前何者なんだよ」

声が震える。くそ、怖い。言葉からも余裕が消えているのがわかる。

「お前だなんて悲しいな。僕はギルドマスターさ、君に嘘なんて言わない」

「……お前と呼ぶしかないだろうが。僕はお前の名も知らないんだから」

なのに僕の事は詳しく知っている。女神とも知己なのか? 少なくとも面識はありそうに思う。確かにヒューマンでもないようだ。言葉が通じるし。だとすると、冒険者を束ねるギルドの長がヒューマンじゃないって事になる。このヒューマン至上の世界でそんな事が有り得るのか!?

「あ、ごめん! そうだね。僕の名を名乗ってなかった。真君、失礼を許して欲しい。では自己紹介を――」

「茶番はいい加減に|止(や)めよ」

「……人の言葉を遮って茶番だなんて穏やかじゃないな? 青い髪の侍殿」

「ふん! 儂の名も知っておる癖に尚|惚(とぼ)けるか。何が若に嘘は言わない、じゃ。ギルドマスターなどと早々に偽りを申した癖に」

「やれやれ。口の聞き方も忘れる程、荒野で気持ちの良い眠りを過ごしたのかい、|蜃(しん)」

「貴様こそ、昔の面影など欠片も無いではないか、ルト。”万色”の竜よ」

へ?
「ルト? 万色? えっと、こいつ、竜?」<a href=”http://www.watchsrunner.com” title=”パネライ 価格”>パネライ 価格</a>

って事になるよね? 巴の口振りからも多分間違い無い。でも竜の気配は殆ど、いやまるで感じない。

「はい、若。こやつはれっきとした上位竜。それも最上位。知を極め術を極めたとされ生涯不敗、万色とは|万(よろず)の色と言う意味でルトの別称です」

「あーあ、人の名乗りを邪魔した挙句に本人の前で名前をばらすなんて、なんて詰まらない事をするんだろうね、この侍かぶれは」

最上位の上位竜。不敗の竜。こいつが?

「抜かせ、若を平気で誑かそうとした貴様に言われる|由(よし)は無いわ」

「やれやれ、寝てばかりいて世界に興味など持たなかったお前に、誑かすとか誤解を招く事を言って欲しく無いな」

ギルドマスター、いや上位竜ルトが僕に対するより若干厳しい雰囲気で巴と話をしている。

上位竜、大概の人や亜人が見る事も無く一生を過ごす存在。僕も図書館で色々と詳しく学ぶ内に、上位竜がどれほど希少な存在か理解していた。

竜の頂点。時間に滅ぼされる事は無く、老いると自らを産み直して単一で存在し続ける。

確か、図書館にあった名前は、”|御剣(みつるぎ)”、”|瀑布(ばくふ)”、”|砂々波(さざなみ)”、”|紅璃(あかり)”、”|夜纏(よまとい)”の五匹。万色は今回初めて聞いた。蜃、無敵の名も見つからなかったな。

ヒューマンと関わる事は滅多に無いが、個体によっては住まう領域がヒューマンの国と近い竜もいる。極稀にヒューマンに力を貸す事もある。間接的に力を貸した場合は竜の祝福を得たと呼ばれるようだ。

現在だとグリトニア帝国の親衛騎士が砂々波の祝福を得て固有
<a href=”http://www.watchsrural.com/lumino-czmnt-3.html” title=”http://www.watchsrural.com”>http://www.watchsrural.com</a>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>