あなたは「最後の女」になれる?

れば飼い竜の素材でも最低50000からかかります。ですがそれほどの竜なら間違いなく伝説の防具級の加護があるでしょうから、鑑定がついたら下手したら小さな町一個買えるかもしれません。リサならまず売ろうとすら思いませんが)」
「(私に譲って欲しいくらいだ。100年は欠けも錆びもしないと言われる防具だぞ? 魔術耐性を持つとも言われるし)」
「(というか、持ってるだけでも相当な加護があると私は思いますけど)」

全員が陰でひそひそと話すのをそっちのけに、まだアルフィリースは竜に文句を言っている。<a href=”http://www.govbh.com/new-balanceニューバランス-ly75j-3.html” title=”ニューバランス m996 グレー”>ニューバランス m996 グレー</a>

「(アタシはすごい子と友達になったんだろうか?)」

ミランダが腕組みをして考え込むのも、無理はなかった。

***

今回はさすがに一日で行けるような距離ではないので、一行は途中で野宿をした。町に泊らなかったのは、これほど大きな竜を休ませる設備が町の中に滅多にないのと、やはりフェンナを気遣ってのことだった。フェンナは申し訳なさそうにしていたが、別に一日程度の野宿に文句を言うような面々ではない。リサに至っては野宿など経験が無いらしく、興奮して珍しく饒舌になっていた。寝る前にニアに素手で稽古をつけてもらおうとアルフィリースやミランダは挑んでみたが、一歩踏み込もうとすると体が宙に飛んでいた。ニアいわく、初動が一番仕掛けやすいのだそうだ。

「だからというわけではないのだが、人間達がネコ族と呼ぶ我々は初動、瞬発力に優れた種属でな。特に20mまでの動きならどの種にもひけをとらん。だから刀や武器を構えればそれだけ無駄が大きくなり、私達の長所が生かされないんだよ。わかるか?」
「確かにそれだけ目の前で早く動かれたら対応できないかも」
「まぁ逆に持久戦は苦手だし、腕力は人間のそれと大差ないがな。そこは技術で補うことにしている」
「そっか、ちなみにニアってグルーザルドでは隊長とかなの?」
「いいや、ただの平隊員だ」

このレベルで平隊員なら、どうやって人間は獣人と戦争をしていたのか。獣人と戦争するような時代に生まれなくて、心底よかったと思うアルフィリース達であった。

「フェンナは何か武芸が出来るの?」
「私は主に土系統の魔術使いですが私の魔術はちょっと特殊なので。武器でしたら弓ができます。武芸と呼べるレベルかどうかわかりませんが」
「じゃあこれ射ってみてよ」

不意にミランダがククスの実をぽいっと空中に投げる。瞬間、フェンナは地面に置いていた弓矢を手に取り射かける。見事にククスの実を空中で射抜いた。<a href=”http://www.govbh.com/スニーカー-ly75j-2.html” title=”ニューバランス コーディネート”>ニューバランス コーディネート</a>

「充分すごいよね」
「いえ、私は戦士ではありませんので弓も人間の物ですし、精度がまだまだです。20m以内で誤差が5cmも発生してしまいます」

それは十分達人級と、世間一般では言っても良いだろう。

「エルフの弓を使えば40mで誤差2cmまではいけると思うのですが私ではその程度です」
「いやいや。普通弓って、20mくらいしか殺傷能力ないはずだよ」
「エルフの弓ですと、男性が射れば60mまでは殺傷能力が保てます。当てるだけなら100mは大丈夫ですが。以前誰が弓が一番うまいか集落で比べた時に、100m先の的に当て続けて、一度でも外れたら失格にするルールでやったのですが、1刻経過して5人が当て続けたので、皆飽きて辞めてしまいました」
「ちなみに的の大きさは?」
「最初はククスの実から初めて、あまりにも皆外さないので、最後は親指の先くらいの木の実になりました」
「エルフともケンカできないわね、これは」

アルフィリースの感想も尤もである。

そして尽きない話をしながら夜は更けていく。リサがネコじゃらしでニアを

<a href=”http://www.govbh.com” title=”http://www.govbh.com”>http://www.govbh.com</a>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>